うつ病の治療薬について|精神安定剤の基本情報

うつ病の治療するとき、使用する薬品は主に抗うつ薬と精神安定剤です。では、抗うつ薬精神安定剤は、どうやってうつ病を治療するのですか。うつ病治療薬の種類、効能効果、使用方法、また副作用と言えば、何がありますか。本文は抗うつ治療薬について完全紹介いたします。ぜひご覧になってください。

抗うつ薬は抑うつ状態や著しい気分の落ち込みなどの、うつ病特有の症状を緩和するための薬です。抗うつ薬による副作用を心配される患者は非常に多いですが、近年開発された薬は、以前のものと比較して、だんだんと副作用も出にくくなってきました。

うつ病は、何らかの理由で脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンという物質が減少することで引き起こされるのです。だから、抗うつ薬を飲むことによって一時的にその物質を増加できて、それでうつ病を改善や治療することができます。

では、抗うつ病の種類と言えばどんな種類がありますか。

まずは、NaSSAについてご紹介いたします。この種類のくすりは睡眠障害、食欲低下に特に効果があります。このくすりの速効性がたかく、効果がでるのが非常に速いです。

次には、SNRIについてご紹介いたします。SNRIは脳内で分泌されるセロトニンとノルアドレナリンを調整する薬です。意欲の改善することには非常に優れています。セロトニンとノルアドレナリンを調整する必要がある患者たちはぜひこのタイプのくすりを試してみてください。

最後はSSRIについてご紹介いたします。このくすりはセロトニン取り込み阻害薬です。体重増加が少なくて、効果も結構ゆるやかです。非常に女性にふさわしいくすりとよく言われています。