うつ病になる原因について|どうしてうつ病になるのですか?

うつ病になる原因は主にストレスでしょう。では、うつ病になるほどのストレスはどこからのですか。ストレスを減少するために、どんな方法が有効的なのですか。本文はうつ病の原因について完全紹介いたします。うつ病になる恐れがあり、またうつ病を予防したい女性たちはぜひご覧になってください。

普通に、うつ病の表現は、憂鬱な気分がいつまでも続いて、気分が沈み込んで、何をしても楽しめないなどのことです。また、ある人たちはやる気までも、起こらなく、食欲もないです。では、それらの表現を起こすストレスはどこからのですか。

1. まずは、仕事に関することからのストレスがきます。たとえば、昇進、降格、失業、仕事の失敗、定年など。

2. 二つ目は健康に関することからのストレスです。たとえば、月経、事故、からだの病気など。

3. 三つ目は家族に関することからのストレスです。たとえば、妊娠、出産、子どもの就職・結婚、夫婦関係の緊張、離婚などです。

4. お金に関することからのストレスです。たとえば、貧困、税金問題、相続問題など。

5. 状況や環境の変化からのストレスです。たとえば、引越し、旅行、転勤、転学など。

以上はストレス主なの根源です。実は、うつ病になる原因はストレスだけではなく、自分の性格もうつ病になる重要な原因です。まじめで責任感が強く、人あたりもよく、周囲の評価も高い人が多いという性格がうつ病になりやすい性格です。

このような性格の人は自分の許容量を超えてがんばりすぎたり、ストレスをため込んでしまうため、こころのバランスを崩してしまいます。それで、うつ病になりやすいです。